皮膚のかゆみや非感染症の症状

にきび

にきびは、脂線の肥大、毛包内に常在するニキビ菌の増殖、角化し、閉鎖された浄倍で嫌気性のニキビ菌が皮脂を栄養源に増殖し、ニキビ菌の脂肪分解酵素によって生成された遊離脂肪酸がさらに角化を亢進させます。

ニキビの原因の一つである脂線の肥大は、テストステロンというホルモンに影響され、女性では月経前後にニキビが悪化するのは、このホルモンの働きによります。脂線で生成される皮脂の半分は中性脂肪で、中性脂肪は、油由来のみならず、甘いもの、炭水化物からも作られます。そして、ニキビ菌が増え、ニキビが悪化しますが、この時、皮膚をファンデーション等で覆ったりすると、嫌気性の性質を持つ、ニキビ菌が増殖しやすい環境となります。

睡眠不足やストレスは直接の因果関係は証明されていないものの、恐らく内分泌異常を誘発しているとみられることから、ニキビを悪化させる要因の一つとなります。この為、治療としては、食事指導やホルモンの調節などにより、皮脂の生成を抑えたり、皮脂が溜まらないよう、洗顔を進めたりします。外用薬などにより、ニキビ菌の数を減少させたり、ニキビ菌の働きを抑えたりします。

ニキビの働きを抑えたり、殺菌作用のあるテトラサイクリン系抗生物質の内服薬を処方したりします。通常、ニキビはかゆみがありませんが、蕁麻疹の体質や脂漏性皮膚炎、アトピー性皮膚炎、湿疹などを伴うとかゆみがある事があります。また、ニキビの炎症には、ニキビダニが関係していることや、ニキビダニの関与が主体のニキビもあります。