皮膚の疾病

膠原病

膠原病は、膠原線維の膨化、フィブリノイド変性など結合組織の異常がもとで、皮膚や内臓などの全身組織に障害が生じる病気です。皮膚、関節、筋肉などの結合組織や血管の炎症がみられます。全身性選りまとーです、慢性関節リウマチ、多発性筋炎、皮膚筋炎、結節性多発動脈炎、強皮症を総称して膠原病といいます。

原因もはっきり分かっていませんが、免疫システムに異常が起こり、自分の体を攻撃するような自己免疫反応によって起こると考えられています。遺伝的な要素、ウィルス感染、ホルモンや環境など複数の原因により起こります。膠原病の症状は、発熱、全身倦怠感、リンパ腺の腫れ、関節痛、筋肉痛などの症状と共に、皮膚に紅斑や脱毛、日光過敏などの症状があります。

内臓には、腎臓、肺、心臓、食道、肝臓などの消化器、甲状腺その他、末梢神経や中枢神経等複数の疾患がありますが、感染症と間違われる事が多いので早めに専門医を受診することが大切です。膠原病の診断は、皮膚症状、内臓症状、そのた全身症状とともにそれぞれの膠原病でみられる自己抗体の有無など総合的に行います。

膠原病の治療は、基本的に自己免疫システムの制御と炎症反応の抑制、内臓症状の改善などを行います。治療薬は非ステロイド消炎鎮痛剤、副腎皮質ステロイド、免疫調整剤、免疫抑制剤、アフェーレーシス療法、抗サイトカイン療法、循環改善剤を複合的に用いますが、主に免疫抑制用の副腎皮質ステロイドを抗炎症作用として用い、その後、副作用を最小限にとどめる為に複数の薬をそれぞれ調整しながら使用します。症状が日常生活に支障を来さなくなるところまでが、治療の目途とされています。