皮膚の疾病

いぼ、うおのめ

イボは一般的によくみられる皮膚の症状ですが、皮膚が盛り上がるでき物の総称で、多くは皮膚の腫瘍、ウィルス性疣贅、伝染性軟属腫、スキンタッグ、老人性疣贅等など種類が多いです。

ウィルス性のものはヒト乳頭腫ウィルスの一種が感染しておこります。皮膚が正常な状態なら、感染しにくいけれども小さな傷があるとそこから入り込んで基底細胞に感染します。イボはウィルスの感染で起きる症状なので、うつる可能性はあるものの前述したように皮膚が正常な状態であれば、感染しません。

ウィルス性のものの治療は、出来てしまったイボを取り除く、ウィルスを退治するために、電気焼灼法、冷凍凝固療法などの外用療法や、ヨクイニン内服療法がありますが、一回の治療で治すのは難しく、この為の特効薬はありません。症状により、薬や治療法が違う為です。

ウオノメは、小さな硬い皮膚病変で通常や、足の裏や指にでき、歩行や圧迫により痛みを感じます。中心に目のような芯が見える為この名前で呼ばれます。一定部位に繰り返し圧迫刺激が加わり、角質が厚く芯のようになり、真皮に向かってスクリューの様に食い込んでいく為、この厚くなった角質層が神経を刺激し痛みを感じます。

タコは同様に角質層が厚くなる症状ですが、ウオノメのように、角質層が真皮に向かって硬くなっていくのではなく、表皮で盛り上がる状態になるので、痛みがない事が殆どです。治療は刺激を受けやすい状況の改善がまず最初で、その後、皮膚表面を柔らかくするスピール膏で角質を柔らかくし、中心部を切除します。