皮膚の疾病

蕁麻疹

蕁麻疹は、皮膚の一部が赤く盛り上がり、時間がたつとなんのあともなくなります。皮膚の中の血管が一時的に膨らんで、血液中の血漿が周囲にしみ出た状態で、この時、血漿の周りのマスト細胞が顆粒を放出し、成分中のヒスタミンが、血管に作用すると蕁麻疹が起きます。

ヒスタミンが作用することで血管が拡張し、血漿成分は血管の外に漏れやすくなります。ヒスタミンは神経を刺激し、痒さをおこさせます。原因は、アレルギー由来のもの、非アレルギー由来のものがありますが、即時型アレルギーと言われる原因が主なものと言われています。

アレルゲンがマスト細胞表面のIgEたんぱく質に結合し、マスト細胞が活性化されることが知られています。食物に対するアレルギーや、食物に含まれるヒスタミン様成分が直接作用することもあります。非アレルギー性のものは、原因を特定するのは難しいです。蕁麻疹の症状は通常、数十分から数時間で収まりますが、なかには半日以上症状が残る事もあります。かゆみ、焼けるような感じがあったりします。

また、体温の上昇や、精神的緊張により、汗が流れる時に出る蕁麻疹は少し違ってコリン性蕁麻疹といい、赤くはなるものの、膨らみはしません。通常は、30分から1時間で消失します。蕁麻疹の中にはきっかけがはっきりしたものだけではなく、きっかけがはっきりしないものがあり、感染症や疲労などが影響している事もあります。

最初の症状が出始めてから一月以内のものを急性蕁麻疹、それ以上続くものを慢性蕁麻疹と呼びますが、万性蕁麻疹では、原因を特定することが難しく、詳しい検査が必要となります。治療は基本的に抗ヒスタミン剤を用います。蕁麻疹の種類によらず有効です。