皮膚の疾病

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、かゆみを伴う慢性的な湿疹です。その原因は皮膚の生理学的異常に刺激やアレルギー反応がかかわってきます。適切な治療を行えば、完治とまではいかなくても、殆どの症状を抑えられる状態になります。

アレルギー性皮膚炎と似ている症状には、接触性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、単純性痒疹、疥癬、汗疹、魚鱗癬、皮脂欠乏性湿疹、手湿疹などがありますが、家族歴や合併症、肌の状態や血清IgE値の上昇などに注意し、診断、特定します。また、皮膚がカサカサして乾燥しがちな状態の軽症状態から、皮膚が硬くなったり、腫れて膿のような汁が出る病変の重症度と、病変の範囲を考え合わせて、病気としての重篤性を考えます。

先天的な体質に由来するので、完治は難しいですが、症状が殆どない状態、日常生活に支障をきたさない状態、薬物療法をあまり必要としない状態まで治療し、それ以上悪化させない状態を維持することを目指します。

この為、病気を完全に治す薬物療法ではなく、対症療法の治療として、外用薬としては、ステロイド外用剤、非ステロイド系消炎剤、免疫抑制薬を使います。ステロイド外用薬は副作用が強いとして、倦厭されますが、重症度や使用期間を考えて処方するので、副作用が強く出た場合は直ちに担当医に相談してください。

また、表面的に治ったように見えても、急に外用薬の塗布をやめると症状が一気に悪化する事があるので注意が必要です。ステロイド剤の強さは凡そ4段階に分かれていて、子供では同じ症状でも、大人より一段階弱いものを使用し、副作用を抑えます。