皮膚の疾病

日光による障害

日光による障害には、軽いものから重篤化するものまでありますが、主な原因は紫外線(Ultraviolet)と言われています。波長の長さでUVA,UVB,UVCにわけられますが、波長が短いほど破壊性があり、UVCは殺菌灯として使われますが、地表にいる私たちに届くものはUVBかUVAになります。

紫外線はアトピー性皮膚炎や乾癬の治療に用いられる事もありますし、ビタミンDを合成したりもしますが、逆に短期間に大量の紫外線を浴びた事による日焼け(SunBurn)や長期間にわたって少量を浴びた事による光老化、しみ、しわ、皮膚の腫瘍をもたらします。光過敏症も紫外線が皮膚の免疫反応を抑えてしまう事による症状です。

日焼けを起こすのはUVBで、細胞のDNAに吸収され、DNAの複製に影響を与えます。DNAが正しく複製されなくなりますが、これを自身で修復する反応がおこり、その為に炎症をおこします。その炎症が痛みや、腫れ、皮膚の再生(皮膚がはがれおちる)等の反応が起こります。日焼けの軽症のばあいは、メラニン色素を作るメラノサイトが刺激を受け、メラニンを過剰につくる炎症反応が起こります。メラニン色素は紫外線をよく吸収するので、紫外線に次にさらされる為の備えをしているのです。

これらの事からわかるように、紫外線はDNAを傷つけ、細胞はそれを修復しようとします。繰り返しこの作業を行ううちに傷の修復の過程で突然変異がおこると、その部分が癌の発生の遺伝子になったり、増殖して、癌になります。色素性乾皮症など、先天的にDNAの修復に以上を持つ場合は、顔などに皮膚癌が出来やすくなります。日光角化症、有棘細胞癌、基底細胞癌、メラノーマなどが代表的なものです。